何百年と家が長持ちする建築 ハーフティンバー

何百年と家が長持ちする建築技術
ハーフティンバーというのをご存知でしょうか?

ハーフティンバーとは
柱や梁などの骨組構造材を表に出し、
その間の壁を漆喰で埋める方法のことをいいます。

harf

さらに建物を強めるために、骨組みに固い木を使い、
ななめに組む「すじかい」という方法もあります。

日本でも戦後には、すじかいの技術を取り入れた建物が
多くみられるようにりました。

家はキレイに長持ちさせたいですよね。

家を長持ちさせるためには、
こまめに点検をすることが大切です。

リフォームのナカヤマは、
1級建築士をはじめ、
住まいの有資格者とアドバイザーが、
他社は知らないリフォームのコツを提案します。

小さなリフォームから大きなリフォームまで
リフォームについて わからないことはお気軽にお問い合わせください。